発酵飼料 いきいき酵素

 

  植物の若芽や細胞から直接に採取した数10種類の酵素エキスと、有効微生物菌を20数種配合した、発酵助剤製品です。
  いきいき酵素に配合された微生物群は、100%自然から取り出し培養したもので、食品や飼料用途に使われる安全なものです。(米国 AAFCO・飼料協会にて安全性が認定されています。)
また、遺伝子を組み換えたりするものでもありません




・ 数10種類の酵素エキスを配合
・触媒の働きをするとともに、易分解のたんぱく質や糖分や脂肪分をすみやかに分解し、各種有機酸を生み出します。
・ 生成されたものは(使用する気質エサにより異なりますが)配合した生物群の増殖・活性を助けます。
・ 好気性菌による酸化分解(主に炭素化合物の分解)において高温発酵(約70℃)がすみやかに行われるため、有害な菌やガスの分解、有害虫の卵を殺卵、消臭、殺菌(悪玉菌に 対して)などの効果があります。
・ 通性嫌気性菌50%とバランスよく、完全発酵のプロセスを考慮して配合しました。
・ 好気性菌と通性嫌気性菌をバランスよく配合好気性菌50%・触媒の働きをするとともに、易分解のたんぱく質や糖分や脂肪分をすみやかに分解し、各種有機酸を生み出します。



牛・豚・鳥の餌 1t当たり=1kgのいきいき酵素
ドライフィーダーの場合  FULDASH 1000倍希釈水を与える  
ウェットフィーダーの場合 飼料1t当たり=1kgの酵素とFULDASH 1000倍希釈
             水50Lを混合したものを与える
*どちらも餌与の40分前までに混合のこと(酵素活性が十分に発揮できる時間)


             
 消化・吸収・成長率の向上、排泄物による臭気対策及び死亡・病気率の減少が期待できます。
鳥にいたっては、栄養価の高い卵が期待できます。